サロン・ド・ラ・フォト – パリ 2013 (Salon de la Photo – Paris november 2013)

サロン・ド・ラ・フォトの名誉ゲスト 、レ-モン・コ-シュチエ

artbahrain-240x300

Artbahrain *********

figaropocket-215x300

Madame Figaro Pocket *********

Grazia-211x300

Grazia *********

 

revue_presse_1-219x300

Chasseur d’Images *********

revue_presse_2-214x300

ActuPhoto *********

revue_presse_3-248x300

A Nous Paris *********

批評の引用
「1960年代の日本で、木村伊兵衛氏、又、首尾一貫したアバンギャルドたちは、レ-モン・コ-シュチエを、カルティエ=ブレッソン、リブ-、シャルボニエ達と同様に、フランス写真界のイコンのなかに位置付けた。
一方フランスでは、満93歳を迎えるこの偉大な氏の仕事をパリ回顧展の対象とするのに、2013年まで待たねばならなかった。このようにしてSalon de la Photoが、独学の天才レ-モン・コ-シュチエに、当然受けるべき賛辞を表するのである。氏は、戦争レポ-タ-、フランス映画ヌ-ベル・ヴァ-グのスチ-ルマン、ロマネスク芸術の専門家等、次々と新しく展開していく、驚くほど変化に富んだ経歴の持ち主である。」
Carine Chenaux – A NOUS PARIS
[spacer size=”15″]
批評の引用
「壮大にして比類なき、この卓越した氏の作品が、後世に名を残すこともなく、せめて有名になることすら見落とされていたとしたら、一体、これはどうしたことだろう。それはジャン・ピエ-ル・ブルジュワ氏のCentral Dupon写真ラボの非公式訪問が必要とされていたのである。この日、サロン・ド・ラ・フォトの開催理事長であるブルジュワ氏は、ハリウッドへ発とうとしていたコ-シュチエの125枚に及ぶ展覧会用の画像を偶然、目にする。そして、すっかり魅了されてしまうのである。このハリウッドの写真展とは、オスカ-賞・アメリカ映画芸術科学アカデミ-が2012年の春、レ-モン・コ-シュチエに賞賛を表するため、3ヵ月にわたって開催したものである。」
Hervé Le Goff – CHASSEUR D’IMAGES

ノエ・ロテルマン氏が2013年のサロン・ド・ラ・フォトのために、このディアポラマを製作してくれました。御覧ください。